土佐刃物とは

土佐刃物の歴史

今から約400年前、豊臣秀吉の小田原攻めに参戦した土佐藩主長宗我部元親は佐渡から熟練した刀鍛冶をつれて帰った。それが日本三大刃物の始まりだという

土佐打刃物の製造方法は日本刀の作刀技術から生まれた秘伝の自由鍛造を引き継いで現在までに至る。日本刀の素材である安来鋼に、軟鉄の地金を抱かせた古式割り込み鍛造によるプレートは、硬度の異なる素材を合わせて熟し鍛えることで折れず曲がらずと使い手の信頼に応えてくれる。

土佐打刃物の特徴は、切れ味、耐久性、研ぎ易さで、山林用、建築用、家庭用、プロ用包丁、農山林鎌鍬。アウトドアナイフ等にも多く使用されている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>