平安の雅な世界に遊ぶ・・・

紀貫之「土佐日記」の舞台、「まほろばの里」高知県南国市比江。「をとこもすなる日記といふものを、をむなもしてみむとて、すなるなり」―「土佐日記」を著した王朝屈指の歌人、紀貫之。第48代土佐国司として国府(南国市比江)に赴いたのは延て、「古今和歌集」の編纂者として、そしてなにより「土佐まほろばの里」を愛した歌人として今も地元の方に偲ばれ親しまれている。奈良~平安時代にかけ国府が置かれ、帰洛時に『土佐日記』を綴った紀貫之が生涯愛してやまなかった土佐まほろばの里。歴史とロマン溢れる古の里に思いを遊ばせ、三代目・豊国が精魂込め鍛え上げた《土佐剣鉈「魔払刃(まほろば)」9寸》。ダマスカス鉄と鋼を15回打ち合わせ、日立安来鋼青髪二号を片面7層で挟み込み鍛えた刀身は、その切れ味、耐久性で土佐刃物最高峰といえる。刀身に浮かぶ波紋は鍛え尽くした証、豊国入魂の一本である。柄は三大銘木の一つい数えられる胡桃(くるみ)を使用。ライフルの銃床にも使用されるほど耐衝撃性に優れ、抜群のフィット感と手と一体化するような見事な操作性を実現。使い勝手も申し分ない、類まれなる剛刀である。

[豊国作]土佐剣鉈魔払刃

http://www.toyokuni.net/syuryou2013/syu06.htm

This entry was posted in 農山林刃物. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>