持てる技の全てを注ぎ込み鍛えた業物(わざもの)。

土佐剣鉈 櫻吹雪 9寸 ステン鍔

http://www.toyokuni.net/syuryou2013/syu19.htm

流麗なダマスカスは鍛え尽くした証〈土佐剣鉈「櫻吹雪」〉は、

出雲の真砂(まさ)と呼ばれる砂鉄を原料とした高純度炭素鋼、安来鋼青紙二号をを本割込み。

ダマスカス鉄と鋼を15回打ち合わせ、青紙を片面7雇(両面15厦)で

挟み込み鍛えたダマスカスの刀身は、

その切れ味、耐久性で土佐力鞠最1峰といえよう。

見る者圧倒する精悍な九寸の刀身に浮かぶ深美し

い刃紋は鍛え尽くした証、切れ味も鮮やかな一生ものだ。

 平成10年に伝統工芸品に指定され、

日本三大刃勿として名を馳せる土佐刃物。

鎌倉期に遡る歴史は月治の廃刀令後もその伝統を守り、

その「切れ味」、`耐久性」、「研ぎやすさ」で右に出るモノがない。

《土佐剣鉈『櫻吹雪も』》も、古式に則り三代目・豊国が

持てる技の全てを注ぎ込み鍛えた業物(わざもの)。

ライフル銃に刻まれるチェッカーを手彫りし

濡れても滑らない桜柄、安全対策の真鍮ヒルト、

また携行に便利な革ベルト付きと使い勝手も申し分なし。

古(いにしえ)より神の宿る木として信仰し、

満開の櫻にお酒など奉げ物をし

豊作を祈願し始めたのが始まりとされる、花見。

『願はくは花の下にて春死なん』

一日本人は櫻を見ては「もののあはれ」を一様に感じ愛でてきた。

千年以上に渡るこの習わしを愛し、

今の日本人の心の有り様に想いを馳せ、

土佐の匠・豊国が新たに誂えたのが《土佐剣鉈『櫻吹雪』九寸》。

櫻の古材を柄と鞘に使用し、

一本一本鞘に櫻吹雪を自ら焼き印した貴重な作品である。

This entry was posted in ハンティングナイフ. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>