エスキモーがマイナス40℃で使っている狩猟ナイフ

エスキモーがマイナス40℃で使っている狩猟ナイフ

http://www.toyokuni.net/syougakkou/outdor.htm

ヨーロッパ全域より、カスタムナイフメーカーが集結したアウトドアナイフショーにて、6つの過酷な切れ味テストをクリアし、名誉ある大賞を二年連続受賞しました。四代目、晶之が作り出す「土佐アウトドア剣鉈」は小枝の伐採、木工細工、魚の解体、キノコ狩りなど様々なアウトドアシーンで活躍します。ヒルト部分にツバがついていますので、初心者の方にはツバがついているので安心して使えます。2004年アウトドア雑誌、ビーパル三誌合同企画に掲載されました。アウトドアシーンでご利用頂けます。木工・竹細工、狩猟解体作業、釣り糸切り、ロープ切り、キャンプ時のキッチンナイフやその他軽作業にお使い頂けます。使用後は砥石や刃物専用油でメンテナンスをし、湿気のない所に保管をして下さい。その際に、鞘とブレードは別々に保管をオススメします。

This entry was posted in 狩猟・ハンティング. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>