端正な趣の紅漆塗朴鞘の真田幸村拵

MASANO 真田・冥銭刀「貞宗」

http://www.toyokuni.net/syuryou2016/syu004.htm

端正な趣の紅漆塗朴鞘の真田幸村拵

紅蓮の猛者、赤拵えに相応しい拵えに「六文銭」、そして真田紐
幸村の愛刀、相州伝を代表する「正宗十哲」貞宗。

製法は日本刀と同じ鍛接製法にて一本一本、熟練した職人が手作業にて仕上げました。

艶やかな紅漆塗りに戦いに命をかけた証し・六文銭。

鞘には真田家の家紋・六文銭入り。
三途の川の渡し賃の六文銭を家紋として掲げることで、常に戦いに命をかけて臨む武士の気概を表わしています。

真田家が製作・販売した
という伝承が由来の「真田紐」がアクセント。

紅漆の鞘に巻いた真田紐は、縦糸と横糸を使い機で織りあげられた、実は織物。
艶のある漆に真田紐の柄がよく映えます。

槌磨きで仕上げた
落ち着きのある刀身

鞘からスラリと現れるのは、紅漆と対照的に艶を抑えた槌磨きの刀身。
鞘に収められた姿は一見美術刀のようでありながらも、その実切れ味の鮮やかさは本物。

This entry was posted in ハンティングナイフ. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>