川漁師(かわし)皮剥師(かわはぎし)

川漁師(かわし)皮剥師(かわはぎし)

http://www.toyokuni.net/kei2013/009.htm

一度使うと手放せない使い勝手。日本最後の清流、四万十川。中でも一番清流度が高いと言われる、黒尊川。ブナの原生林に囲まれた秘湯、黒尊渓谷に端を発する清流は鮎を始め石斑魚、サツキマスなど多彩な幸に恵まれている。この地に魚を愛し、川の水の一滴を自分の血の一滴のように愛しむ人たちがいる。友掛けや延縄漁など古くからの漁法を今に伝える、プロの渓流師川漁師(かわし)だ。彼らが肌身離さず携行していた伝説の小刀が、兄弟鍛冶の手で蘇った。渓流魚を処理するのに最適な(豊国作川漁師)、捕らえた獲物のスキナーとして威力を発揮する(晶之作皮剥師)。いずれも魚皮を切り裂く鋭い切れ味と、筋を切っても折れたり欠けない頑健さは、古代に則り、土佐自由鍛造で鍛えた折り紙付き。また共柄のハンドルは、折れたり抜けたりせず、ロープを巻くことでグリップが決まり、水や油に濡れても、濡れにくい仕様。その自在に操れ利操作性は、一度使うと手放せなくなる程だ。

This entry was posted in 和式刃物(渓流 キャンプ 木工 竹細工). Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>