晶之守 土佐川漁師刀

晶之守 土佐川漁師刀

http://www.toyokuni.net/kei2016/004.htm

日本の伝統製法で完成した、究極の一本

素朴な作りの中に脅威の切れ味と耐久性を実現。製法は日本刀と同じ鍛接製法にて一本一本、熟練した職人が手作業にて仕上げました。釣り上げた渓流魚の処理や捕えた獲物の解体を始め、ブッシュナイフなど万能刀としても活躍する一本はアウトドアフィールドには欠かせない。刃巾も広く、料理用ナイフとしても重宝します。一本で、刺す・切る・剥く・削る・捌くという作業が出来る。初めて渓流刀を持つ初心者にも使いやすいサイズです。天然砥石や人造砥石で簡単に刃がつけられます。刃は「ハマグリ刃」仕上げ。両刃仕上げなので利き手を選ばずに使えます。刃の表面は「全曇り」という落ち着いた仕上げ。柄は握りやすく丈夫な「ブビンガ」を使用。握りやすいたまご型に仕上げました。ブレードは2本のピンで柄にガッチリと固定。作業中の安全性から指を守る黒ツバ輪が付いているので、渓流刀を初めて使う初心者にも嬉しい造りだ。ブレード背部分には木埋めをしているが、ペーパーで凹凸気にならないよう、職人が、手作業で仕上げました。ブレードを収める鞘は熟練した職人が手作りにて仕上げました。軽量タイプで皮ベルトが付いており腰にぶら下げての移動が可能です。柄と同じ、ココボロの木材を使用しています。その為、イメージ写真と木目や色合いが異なります。ご了承ください。

This entry was posted in 和式刃物(渓流 キャンプ 木工 竹細工). Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>