刃物鍛冶が作り上げた古くて新しいデザインのナイフ

大人の逸品プラス 2011年春号にて豆晶之守 が掲載!

http://www.toyokuni.net/rapita/rapita031.htm

刃物鍛冶が作り上げた古くて新しいデザインのナイフ
一風変わった折り畳み式のミニナイフを完成させた。
デザインは、作業刀の代名詞である肥後の守がベース。
ブレードと呼ばれる刀身形状は、ドロップポイントといって多目的に使える。
素材のダマスカス6Aは、刃物用ステンレスを芯材に、両脇へステンレスの板材と接合素材を交互に重ねて一体化。
側面に独特のダマスカスという模様が浮かび、研ぎあげると鋭い切れ味が生まれる。
ハンドル材はカリンコブ(カリンの幹にできたコブ)と、白蝶貝(真珠貝の一種の貝殻)を使い、どちらも個性的。
手のひらに収まるほど小さいが、作りは本格的だ。

This entry was posted in 和式刃物(渓流 キャンプ 木工 竹細工). Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>