心魂気迫を打って錬鉄錬冶した、大振りの護身刀

豊国作 三種の神器 護身刀

http://www.toyokuni.net/syuryou2014/syu005.htm

天孫降臨の際、天照大神から授けられた三種の神器―八咫鏡(やだのかがみ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)。
皇位継承の証であるこの宝物へのオマージュ作品として、豊国が精魂込め鍛えた《『三種の神器』護身刀》。
草薙剣とも称され、八岐大蛇の尾から出てきたと言われる「天叢雲剣」をベースに鎚を振るい、刀身に鏡面を施すとで鏡を、
そして白木鞘に勾玉の焼き印を押すことで三種の神器を表現。豊国が鍛える《「三種の神器」護身刀九寸五分》は、出雲の真砂(まさ)と呼ばれる砂鉄を原料とした高純度炭素鋼、土佐オリジナル白鋼を本割込み。地金の極軟鋼をタガネで割り、鋼を挟み込み鍛え上げる自由鍛造法により、折れず曲がらず、長切れという特性を実現している。焼き入れ、焼き戻し、水研石による刀付け、研磨…と手間暇惜しまず生み出される鏡面仕上げの刀身は、
豊国ならではの凄まじい切れ味が与えられている。
清冽で凛とした趣は、まるで日本刀もような畏敬の念さえ起こさせる。※製造に1ヶ月~50日程かかります。


This entry was posted in 狩猟・ハンティング. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>