【試作品・訳あり品】晶之作 土佐鍛ボウイナイフ

【試作品・訳あり品】晶之作 土佐鍛ボウイナイフ

http://www.toyokuni.net/hanbai2016/042.htm

鬼才・晶之の闘志にも似た気迫が迸る、強靭無比な切れ味

ハンティングナイフの原型であり、アラモの砦で活躍したジム・ボウイが使用したことで有名なボウイナイフ--フロンティアスピリッツを象徴し広く米国で愛用、今も色褪せることがない不朽の名品だ。
この伝説のナイフに想を得、土佐鍛造界の鬼才・晶之が鍛えた《土佐鍛ボウイナイフ》。作刀法は焼き入れに熟練の技が求められる高純度炭素鋼、土佐オリジナル白鋼を本割込み。地金を鏨(たがね)で割り、鋼を挟み込み鍛える自由鍛造法により、折れず曲がらず、長切れという特性を叶えた。
ずっしり重い560g、ハンドル後部まで一体のフルタングに加え、6mmという分厚い刀身でハードな酷使にも刃こぼれせず、頑健そのものといえる造り。まさに今に生きる狩人のための、現代のボウイナイフ。
※ランドールナイフに代表されるフルタングは、刀身と柄が一体のため折れたり抜けたりせず頑強。ライフルの銃床にも使用される、高強度の胡桃は狂いが少なく、防水加工処理を施した。

This entry was posted in 狩猟・ハンティング. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>