小学館BE-PAL 2016年1月号にダマスカス銘打ち剣鉈掲載!

調理から薪切りもこなす伝統技光る土佐打ちの剣鉈。

本格的な道具を使ってこそ、フィールドの達人だ。本誌オリジナルのダマスカス剣鉈は野外活動がより楽しく便利になり、道具としても美しいと評判の高いシリーズ。そこにこの度、新加入したのが本作。しかもブレードに名を刻めるまたとない機会だ。土佐の鍛冶屋、トヨクニは江戸時代からの伝統製法を受け継ぐ土佐打ち刃物で、全国の林業地でも厚い信頼を得ていた。そこに現代的な創作性をプラスした昨今の剣鉈は、アウトドア愛好家に絶大な人気を誇る。
 ブレードは積層模様が美しい15層のダマスカス材を全曇りという艶消しで仕上げた。刃長は約180mm、厚さは6mmで普段使いに丁度いい大きさ。柄は樫の木を黒色に仕上げ、握りやすい形状にして滑りにくいチェッカリング加工を施した。伝統の一本、ひとつは手にしたい。

This entry was posted in 雑誌掲載. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>