Daytona (デイトナ) 2015年 1月号「デイトナ的大人の図鑑」に掲載されました!

Daytona (デイトナ) 2015年 1月号「デイトナ的大人の図鑑」に掲載されました!

http://www.toyokuni.net/rapita2014/daytona1501.htm

TUNA KNIFE
美味しさのために必要な長さ一見すると日本刀と間違えてしまうほどの長さである鮪包丁。マグロをはじめ、大型の魚類を解体することに特化して作られた和包丁だ長いモノでは 1m50cm にもなり、解体する作業工程に応じて長さを変えて使い分ける。魚を切る際に刃を何回も往復させてしまうと、切断面に傷が付いて味が落ちてしまう。それを避けるために、鮪包丁は大型の魚でも刃を行き来させずに解体できるように、長さが必要となるのである。通常、使用する際には切っ先側にタオルなどを巻いて、二人掛かりで作業を行うのだ
鮪包丁
刃の表面には、繊細な彫刻によって描かれた昇り龍が施される。一本一本を彫刻師の手作業によって、丁寧に彫り込まれるのだ。59.5cmの長さに加え、龍の彫刻により存在感を際立たせる

This entry was posted in 雑誌掲載. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>